過去最大規模の経済対策、内容は?

朝刊1面を読もう
2020/4/8 7:00
保存
共有
印刷
その他
2020年4月8日の日本経済新聞朝刊1面に「資金繰り支援45兆円」というニュースがありました。政府は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、過去最大規模の緊急経済対策を決定しました。対策はどのような内容なのでしょうか。

緊急経済対策は、コロナの収束にメドが立つまでと収束後の2段構えです。コロナ収束前には、条件を満たす収入減少世帯に30万円、売り上げが半減した事業者に最大200万円を給付します。他にもコロナへの治療効果が期待されるインフルエンザ薬「アビガン」の備蓄などが盛り込まれています。

事業規模108兆円は、リーマン危機後の56.8兆円を大きく上回ります。リーマン危機後は景気刺激策が中心でしたが、今回はあえて景気刺激策をとらず、必要最低限の経済活動にとどめます。経済を縮小したことで収入がなくなった家計や企業が破綻するのを防ぐため、そちらの支援を手厚くします。ただ、現金給付については、申請方法や給付対象など複雑な部分が多いことが懸念されています。

コロナ収束後は経済活性化策に乗り出します。被害を受けた旅行や観光、イベント業などを対象にした消費喚起キャンペーンです。今は我慢している音楽ライブや旅行を思い切り楽しめる。外出自粛を乗り切るモチベーションになりそうです。

20代編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。もっと詳しく知りたい人は4月8日の朝刊1面を読んでみてください。

この記事をまとめた人:黒田麻友
2018年入社。1面などの見出し付け・レイアウトを担当。週末は友人とオンラインお茶会。
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]