武田防災相の秘書室職員が感染

2020/4/7 22:13
保存
共有
印刷
その他

内閣府は7日、武田良太防災相の秘書室で勤務する50代の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。2日からせきの症状があり、4日に発熱、6日から欠勤した。7日にPCR検査で陽性が判明した。都内の病院に入院している。内閣府は武田氏が濃厚接触者にはあたらないとしている。秘書室で一緒に勤務した6人の職員には自宅待機を命じている。

厚生労働省も同日、50代の男性職員の感染が判明したと発表した。3月28日に発熱し、同日以降は自宅で療養していた。発症後は職場に来ておらず、省内に濃厚接触者は確認されていない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]