/

「アビガン使用可能に」 首相、本人希望など前提

安倍晋三首相は7日の記者会見で、新型コロナウイルスへの効果が期待される新型インフルエンザ治療薬「アビガン」について、本人の希望や病院の倫理委員会の了承があれば使えるようにする考えを表明した。

電話やオンラインでの診療は初診を含めて解禁する方針も示した。軽症者の受け入れ施設を確保して医療を重症者対策に振り向けると強調した。

会見で首相はアビガンについて副作用に触れながら、本人が希望する場合は「治験でなく、観察研究という形で使ってほしい」と述べた。

オンライン診療に関しては「初診を含め解禁する。病院での感染リスクを恐れる皆さんが受診を我慢する事態が生じないようにする」と訴えた。

軽症の感染者の宿泊施設として、ホテルの協力を得て関東で1万室、関西で3千室を確保したと説明。今月中に東京都の五輪関係施設を改修し、800人規模で軽症者を受け入れる方針も示した。必要があれば自衛隊の医療スタッフを動員するとした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン