「愛知も緊急事態対象に」 名古屋市長が要望へ

2020/4/7 21:25
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため政府が7日、緊急事態宣言を発令したのを受け、名古屋市の河村たかし市長は同日記者会見し、対象地域に愛知県を加えるよう政府に求める考えを明らかにした。

名古屋市の河村市長は緊急事態宣言の対象地域に愛知県を加えるよう政府に求める意向を示した(7日、同市)

対象に指定された7都府県のうち首都圏や関西圏から多くの人が市内に流入する可能性があるとして、「(愛知は)真ん中にあるのでそういう意味で危険。早く指定地域の中で行動したほうがよい」と強調した。

愛知県外の人には「クラスター(感染者集団)が発生しないよう配慮してほしい」と呼び掛けた。経済的損失への支援については、「まだ分からないが指定地域の方が手厚くなるといわれている」と述べ、宣言の対象地域との差が発生することへの懸念も示した。

愛知県の大村秀章知事は、対象への追加の可能性について「(感染拡大の)今後の推移では当然考えられる」とした。一方、宣言の対象に同県も含めるよう求めた河村市長の発言を巡っては、「現段階では何とか持ちこたえているという状況だ」と述べるにとどめた。

三重県の鈴木英敬知事は県内企業に対し、「7都府県からの参加者が見込まれる会議や出張について、延期または中止をお願いする」と述べた。岐阜県の古田肇知事も「7都府県への不要不急の往来については自粛をお願いする」と県民に呼びかけた。

また愛知、三重、岐阜の3県の知事は7日、緊急共同アピールを発表した。緊急事態宣言の対象地域への移動自粛などを改めて要請した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]