京大病院、医師ら95人が自宅待機 会食自粛に違反で

2020/4/7 21:17
保存
共有
印刷
その他

京都大病院(京都市左京区)の医師や研修医ら計95人が、飲酒を伴う会食の自粛方針に反したとして自宅待機となっていることが7日、病院への取材で分かった。

病院では新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月から会食などに参加しないよう注意喚起していた。今月2日、研修医ら新たに採用された職員に自己申告書を提出させたところ、違反が判明。違反した日から2週間の自宅待機を指示した。

京大病院は「他大学の事案などに鑑み、厳しく対応した」としている。

研修医を巡っては、慶応大病院(東京・新宿)で新型コロナウイルスの集団感染が発生。研修医は約40人で飲食を共にしていたという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]