家計「減収証明」難しく 給付金、企業は手続き煩雑

2020/4/7 22:00 (2020/4/8 5:38更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

7日決定した緊急経済対策では、中小企業と家計向けに計6兆円超の給付金が盛り込まれた。資金繰りの厳しさが増す企業や家計から期待が大きい。ただ、準備には何が必要か、だれが給付を受けられるかなど複雑な部分が多く、申請窓口では混乱も予想される。支給開始は夏ごろになるとの見方もあり、対応が遅れれば企業や個人の安心感を高める効果が薄れる。

企業向けの名称は「持続化給付金」。売り上げが半減した事業者に対し、法…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]