在イラン大使館職員が感染 容体安定、自主隔離

2020/4/7 20:49
保存
共有
印刷
その他

外務省は7日、在イラン日本大使館に勤務する日本人の男性職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。容体は安定しており、自主隔離しているという。

男性は発症した3日以降、出勤を控えていた。他の職員に症状は出ていないという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]