/

福岡で23人感染、県内199人に 宮崎や熊本でも

7都府県に緊急事態宣言が発令された7日、九州各地では新たな新型コロナウイルスの感染の確認が相次いだ。

福岡県などは同日、県内で新たに23人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内での感染確認は199人になった。北九州市によると、うち1人は市立八児小学校の50代の女性教諭。軽症という。

宮崎県も同日、新たに日南市に住む50代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の感染者は計12人となった。

熊本市は、新たに同市東区の50代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。熊本県内での感染確認は計21人になった。陸上自衛隊によると、男性は健軍駐屯地(同市)所属の隊員。感染拡大防止のための災害派遣には従事していない。市によると、隊員は3月29日に発熱した。陸自は濃厚接触者の把握を進めるとしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン