首相、中小への現金給付「スピード重視」 個別補償否定

2020/4/7 19:43
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は7日夜の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた中小企業への現金給付について「スピードを重視したい」と述べた。2020年度補正予算案の成立を急ぎ、5月からの給付をめざす方針も示した。

7日に閣議決定した緊急経済対策では中小企業への最大200万円の給付を実施するとした。

新型コロナに伴う営業自粛への補償では「特定の業界にお願いしても損失はその業界にとどまらない。個別に補償するのではなく、困難な状況の皆さんに現金給付したい」と説明した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]