5/26 3:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 衰えるバフェット氏の手腕 指数に勝てず含み益も急減[有料会員限定]
  2. 2位: 「逆転」が示す新秩序 息吹き返す個別株投資[有料会員限定]
  3. 3位: FA、ダイフク半導体強み 今期営業増益 車関連は苦戦[有料会員限定]
  4. 4位: トリドール、今期最終赤字7億円 新業態など店舗減損
  5. 5位: 「コロナ、株主第一主義に変化」日本取引所の清田CEO[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,742,684億円
  • 東証2部 63,131億円
  • ジャスダック 89,827億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.13倍 --
株価収益率17.07倍25.93倍
株式益回り5.85%3.85%
配当利回り2.12% 1.31%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,741.65 +353.49
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
20,820 +460

[PR]

マーケットニュース

フォローする

目先の底割れ懸念薄まる 株式市場、経済対策に一定評価

2020/4/7 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が7日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応した緊急経済対策を閣議決定した。108兆円という過去最大の事業規模に市場は一定の評価を与えているとみられる。市場関係者に2020年の日経平均株価の下値予想を聞くと、3月に付けた1万6000円台が底との意見が目立った。もっとも今回の経済対策は応急手当ての側面が強く、持続的な上昇にはつながらないとの声も聞かれた。

7日の東京株式市場で日経平均は3日続伸し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム