太陽光発電、FIT終了で淘汰加速
迫真 崖っぷちの電力自由化(3)

2020/4/7 23:00 (2020/4/8 2:11更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「国の方針転換には業界全体が戦々恐々としている。同業者の倒産もこれから増えるのでは」。太陽光発電の有力企業の幹部はこうつぶやく。

念頭にあるのは、2月末に政府が閣議決定した再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の法改正案だ。国が発電事業者から一律価格で全量を買い取る「優遇策」を転換し競争原理を導入する。2019年度で年約2.4兆円に上る国民負担を軽減するのが狙いだ。

代わりに導入され…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]