/

この記事は会員限定です

AIで「3密」対策 北大発ベンチャー3社連携

[有料会員限定]

北海道大学発ベンチャー3社が新型コロナウイルスの感染防止のため人工知能(AI)システムを共同開発する。小売店に設置したカメラで来店客の密度や店員との接触回数などを判定し、一定数を超えれば警告する。AWL(アウル、東京・千代田)の北出宗治社長は「北大の技術で小売業の負荷を減らしたい」と話し、一部機能は4月中にも提供を始める。

首都圏などを対象に緊急事態宣言が発令されたことを受け、アウルと調和技研(札...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン