伊藤忠、個人向け金融に力 後払い決済に25%出資

2020/4/8 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤忠商事が個人向け金融を強化する。後払い決済のPaidy(ペイディー、東京・港)に追加出資し、持ち分法適用会社にした。伊藤忠は2022年までに、金融サービス全体で2000万人の顧客基盤を構築する考えだ。リースを基軸とする他の総合商社とは異なるアプローチで、金融事業を育成する。

2月までに累計で約100億円を投じ、ペイディー株の25%を取得した。後払いは、通販サイトなどで商品を購入後にコンビニエ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]