/

産業界にマスクや呼吸器増産を要請、経産・厚労相

梶山弘志経済産業相と加藤勝信厚生労働相は7日、経団連の中西宏明会長と経済同友会の桜田謙悟代表幹事と会談し、マスクや人工呼吸器などの確保に向けた協力を要請した。梶山経産相は「産業界から製造機器の供給や技術者派遣などで協力してほしい」と訴えた。

新型コロナウイルスの感染拡大に対応する医療現場では、マスクや医療用ガウン、人工呼吸器の量が十分ではない。梶山氏は医療用ガウンの縫製や呼吸器の製造ラインの不足を指摘した。加藤厚労相は「異業種の方も能力やマンパワーを貸してほしい」と呼びかけた。

中西会長は「医療機器なので免許の問題などはあるが、全面的に協力したい」と述べ、桜田代表幹事は「すでに縫製業者の発掘を進めている」と応じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン