/

この記事は会員限定です

解明進むミトコンドリア病 iPS活用、発症機構探る

[有料会員限定]

細胞のエネルギー工場といわれる「ミトコンドリア」の働きが低下する難病の治療薬が日本でも登場した。2019年に難病向けの薬が承認された。ミトコンドリアは糖尿病やパーキンソン病など多くの病気に関わるとされ、難病以外の治療標的としても注目を集める。国立精神・神経医療研究センターの後藤雄一メディカル・ゲノムセンター長にミトコンドリア病の研究動向や課題を聞いた。

――ミトコンドリア病はどんな病気でしょうか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン