三越伊勢丹、8日から首都圏6店舗を全館休業

2020/4/7 15:20
保存
共有
印刷
その他

三越伊勢丹は首都圏6店を8日から休業する(4日、三越日本橋本店)

三越伊勢丹は首都圏6店を8日から休業する(4日、三越日本橋本店)

三越伊勢丹ホールディングス(HD)は7日、首都圏の6店舗を8日から全館臨時休業すると発表した。7日夕方に発令予定の緊急事態宣言が解除されるまで、当面休業する。食料品売り場も営業を取りやめる。このほか小型店やネット通販も原則として営業を見合わせる。従業員や来店客の感染を予防するために対応を決めた。

臨時休業の対象は三越日本橋本店(東京・中央)や、伊勢丹新宿本店(東京・新宿)など首都圏の6店舗。食料品売り場も休業する。

「エムアイプラザ」などの小型店や、三越伊勢丹が運営するネット通販も営業を原則として中止する。ネット通販については「従業員同士の感染拡大を防止するため」(同社)、食料品など一部を除き営業を取りやめる。

三越伊勢丹は既に首都圏6店舗で平日の時短営業を実施しているほか、週末の4~5日は臨時休業していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]