/

この記事は会員限定です

小池知事、「国に先行」封印の行方(点照)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための緊急事態宣言が出された。ここまでの東京都の対応をどう評価すべきか。元都副知事の青山●(にんべんに八の下に月)(やすし)明治大学名誉教授は「国に要望し、国の対応を待っているのは東京都らしくない。都が先行して対策を進めるべきだ」と苦言を呈す。

例えば、重症者用の病床を確保するため、軽症者がホテルで療養する措置。厚生労働省が3月6日に検討を求め、都は速やかにホテル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り779文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン