住友不、新型コロナで有明の複合施設の開業延期

2020/4/7 15:12
保存
共有
印刷
その他

住友不動産は7日、4月下旬予定だった大規模複合施設「有明ガーデン」(東京・江東)の商業施設と「羽田エアポートガーデン」(同・大田)の開業をそれぞれ5月15日、夏頃に延期すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けて発令される緊急事態宣言や東京都からの要請に対応した。状況によって再び延期する可能性もある。

有明ガーデンは約10.7ヘクタールの用地に総戸数1539戸のタワーマンション3棟や全203店舗の商業施設、ホテル、劇団四季の劇場などで構成され、当初は4月24日の商業施設の開業を皮切りに順次開く予定だった。今のところ商業施設以外の開業予定に変更はなく、マンションについては2月下旬から入居が始まっている。

羽田エアポートガーデンは全1717室のホテルや商業施設などで構成され、当初は4月21日に開業する予定だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]