幸楽苑HD、3月の売上高22%減 外出自粛響く

2020/4/7 13:33
保存
共有
印刷
その他

ラーメンチェーンの幸楽苑ホールディングスがまとめた3月の既存店売上高は前年同月比22%減少した。新型コロナウイルスの感染拡大で外出の自粛が広がったことが響いた。

2019年10月の台風19号で工場が被災した影響が残った2月(6.1%減)に比べマイナス幅が拡大した。

3月の来店者数は前年同月比21.6%減少した。3月は学校の一斉休校が実施されたほか、有力市場の首都圏で感染が拡大した。家族連れから若年層まで幅広い客層で来店者が減少した。

4月以降は関東や東北地方の多くの店で閉店時間を1~2時間早める対策をとった。売上高の低迷はしばらく続く可能性が高そうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]