/

香港・マカオ、公共交通が完全停止 カジノ産業に打撃

マカオのカジノは新型コロナで大きな打撃を受けている(2月)=ロイター

【香港=木原雄士】香港とマカオを結ぶ公共交通機関がすべて停止したことが、7日までに分かった。フェリーやヘリコプターに続き、海上大橋「港珠澳大橋」を通るシャトルバスも運休になった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、旅行客が激減したため。香港とマカオの行き来は当面難しくなり、マカオを支える年間4兆円規模のカジノ産業に大きな打撃となる。

香港とマカオはフェリーで約1時間、海上橋経由では40分足らずの距離にある。香港からマカオへは、カジノを楽しむために行き来をする人が多い。マカオは2月にカジノを一斉に閉鎖したが、感染が収束したとみて、営業を再開した。

ただその後、マカオで新規の感染者が相次いで見つかり、3月に外国人の入境を原則として禁止する措置を導入した。

マカオのカジノ収入は2月に前年同月比88%減、3月に80%減と大幅なマイナスを記録した。当面は回復は見込めず、カジノ頼みの経済が大きく落ち込むのは確実だ。

金融市場ではカジノ運営大手の澳門博彩控股(SJMホールディングス)や銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント)、メルコリゾーツ&エンターテインメントについて「今年の株式配当は不透明な状況だ」(米バーンスタイン)との見方が出ている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン