橋が低すぎて観光船くぐれない 60センチ持ち上げ

2020/4/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

横浜市みなとみらい21地区の運河をまたぐ歩行者デッキ「女神橋」の工事で橋桁を架設したところ、桁下高が低くて観光船が通れなくなった。橋を発注した横浜市は設計を変更し、橋桁をジャッキアップして約60センチ高くすると決めた。当初の設計については、「航路限界」である3.5メートルの桁下高を確保していたので、「問題はなかった」(横浜市港湾局の成田公誠政策調整課長)としている。

■上流の橋と同じ「桁下高」だが

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]