米国のコロナ死者数、1万人超 呼吸器や医療人員不足

2020/4/7 2:44 (2020/4/7 6:34更新)
保存
共有
印刷
その他

新型コロナ患者の遺体を運ぶ医療スタッフ=ロイター

新型コロナ患者の遺体を運ぶ医療スタッフ=ロイター

【ニューヨーク=高橋そら、シリコンバレー=白石武志】全米では6日、新型コロナウイルスによる死者数が累計で1万人を超えた。感染者数は同35万人に達した。感染者数が米国で最多のニューヨーク州では5日の時点で増加ペースが鈍化したが、その傾向が6日以降も続くかどうかは不透明だ。人工呼吸器と医療人材は、全米規模でなお不足している。

米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、米東部時間6日午後5時(日本時間7日午前6時)時点で全米の死者数は1万524人。その前の5日、ニューヨーク州では新規感染者数が前日比で減少に転じた。

同時点の集計では、世界の感染者は133万人、死者は7万人を超えた。感染者数の最多は米国で、スペイン(約13万5千人)、イタリア(約13万3千人)、ドイツ(約10万2千人)と続く。

ニューヨーク州のクオモ知事は6日、3月下旬に始めた州民の外出制限を4月29日まで延長すると発表した。学校の休校や一部業種を除いた店舗閉鎖を継続する。同氏は記者会見で「国際展示場と海軍の病院船を新型コロナ患者の収容先にして病院の負担を軽減する」と表明した。

海軍の病院船はこれまで、新型コロナ以外のけがや病気の患者を受け入れる予定だったが、方針を転換した。

当面の課題は医療スタッフと人工呼吸器の確保だ。ニューヨーク市のデブラシオ市長は「4月中にさらに4万5千人の医療従事者が必要だ」と述べた。米ワシントン大の推計によると、全米で病床や人工呼吸器の需要がピークに達するのは13~15日ごろ。ニューヨーク州では8~10日にもピークを迎える見通しだ。

人工呼吸器が不足するニューヨーク州では1台を複数の患者で使うなど工夫しているが、「このままの状態を維持することはできない」とクオモ氏は指摘。新型コロナの患者は人工呼吸器を装着する日数が11~21日程度で、ほかの病気の場合より長い。今後は不足が一段と深刻になりそうだ。

米国ではニューヨーク州に各州の人工呼吸器を集める取り組みが広がっている。オレゴン州のブラウン知事が4日、州内にある140台をニューヨーク州に送ると表明した。西部のワシントン州やカリフォルニア州も同様の措置を発表した。州をまたいで人工呼吸器を融通することで、医療活動のボトルネックを解消する構えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]