慶応大病院で18人集団感染 初期研修医、40人が会食

2020/4/6 23:47 (2020/4/7 0:10更新)
保存
共有
印刷
その他

慶応大病院(東京都新宿区)は6日、院内で初期研修医の新型コロナウイルス集団感染が起き、これまでに18人の陽性を確認したと発表した。研修医は約40人で飲食を共にしていたという。

発表によると、3月31日に同病院での初期研修を終えた医師の感染が確認されたため、接触していた可能性が高い研修医99人を自宅待機とし、ウイルス検査を実施。6日までに18人の陽性が判明した。

病院では医師らに会食しないよう繰り返し周知し、例年実施する研修医の修了式後の懇親会も取りやめるよう注意喚起したが、研修医のうち約40人が会食していた。参加しなかった人の感染も確認されており、さらに接触者の調査を進める。

北川雄光病院長は「患者を守るべき医療者として許されない行為。深くおわび申し上げる」と謝罪のコメントを出した。

慶応大病院は3月26日、集団感染が起きた永寿総合病院(台東区)から転院してきた1人と、転院後に同室だった3人の入院患者計4人の感染を発表していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]