NYダウ大幅反発、一時1000ドル高 欧州株高を好感

2020/4/6 22:35 (2020/4/6 23:08更新)
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】6日の米株式相場は反発して始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前週末比799ドル36セント高の2万1851ドル89セントで推移している。上げ幅は1000ドルを超える場面もあった。世界的に新型コロナウイルスの感染拡大に鈍化の兆しが見られ、景気懸念が和らいだ。欧州株式相場が軒並み大幅上昇していることも投資家心理の改善につながった。

6日の米株式市場は上昇して始まった(米ウォール街)=AP

ニューヨーク州のクオモ知事が5日夕の記者会見で「1日あたりの死者数が初めて減った」と述べた。イタリアやスペインでも新たな死者の増加が抑えられていると伝わった。新型コロナ感染拡大のピークアウトが近いとの観測が強まり、投資家が運用リスクを取る動きが広がった。

航空機のボーイングやクレジットカードのアメリカン・エキスプレスなど、前週に下げがきつかった銘柄が大幅に上げている。米長期金利の上昇で利ざや縮小の思惑が後退し、JPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスなど金融株も上げている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]