/

ASEAN首脳会議開催へ 新型コロナで 日中韓が参加も

【ハノイ=大西智也】東南アジア諸国連合(ASEAN)は新型コロナウイルスへの対応を巡り、首脳が参加するテレビ会議の開催を検討していることが6日、わかった。ASEANと関係の深い日本、中国、韓国の首脳クラスも会議に参加する可能性がある。関係者の問題意識を共有し、早期の封じ込めにつなげる考えだ。

ASEANは年に2回首脳会議を開いている(写真は昨年11月のタイでの会議)=ロイター

複数のASEAN外交筋が明らかにした。来週14日の開催が有力視されている。具体的には医療機器の融通や、ASEAN後発国への支援体制などを議論するもよう。新型コロナへの対応策でASEAN首脳がテレビ会議を開くのは初めて。

東南アジアでは3月上旬から感染者が増え始めた。マレーシアやフィリピンでは感染者が3000人を超えており、インドネシアでは約200人が死亡している。各国が厳しい入国制限を実施しており、国境をまたいだサプライチェーン(供給網)にも影響を及ぼしている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン