関西の小売りや金融対応急ぐ 緊急事態宣言に備え模索

2020/4/6 20:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い政府が緊急事態宣言を出す見通しとなったことを受け、生活インフラを担う企業が対応を急いでいる。小売りは部分的な営業や来店時間の分散要請に踏み込む可能性があるほか、金融機関も通常業務の縮小などを検討している。関西経済への影響はさらに大きくなりそうだ。

緊急事態宣言は首都圏や大阪府、兵庫県などを対象に発令される見込み。都道府県知事が具体的な措置を決め、食料品の買い出し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]