/

この記事は会員限定です

関西の小売りや金融対応急ぐ 緊急事態宣言に備え模索

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い政府が緊急事態宣言を出す見通しとなったことを受け、生活インフラを担う企業が対応を急いでいる。小売りは部分的な営業や来店時間の分散要請に踏み込む可能性があるほか、金融機関も通常業務の縮小などを検討している。関西経済への影響はさらに大きくなりそうだ。

緊急事態宣言は首都圏や大阪府、兵庫県などを対象に発令される見込み。都道府県知事が具体的な措置を決め、食料品の買い出しや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1088文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン