緊急対策「108兆円」、納税猶予など加算で拡大

2020/4/7 2:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相が6日表明した緊急経済対策の事業規模は、総額108兆円という異例の大きさになった。通常の事業費のほかに、中小企業向けに実施する納税や社会保険料の支払い猶予を26兆円分加算し、2019年12月に閣議決定された26兆円の経済対策の未執行分も加えたためだ。

政府は減収幅が大きかった中小企業に対して納税などを原則1年猶予する。猶予分は1年後に企業の負担となるが、足元の景気刺激効果を重視し加算…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]