自社の強みを理解し、商品開発はマスよりも個性を追求
「個が立つ組織」(第2回)

スキルアップ
2020/5/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山本典正社長が率いる、平和酒造(和歌山県海南市)はこの15年間で売り上げが一度も落ちることがなく、成長を続けてきた。今回は平和酒造の成り立ちと商品戦略を紹介する。

◇  ◇  ◇

平和酒造の初代が酒造りを始めたのは1928年だ。ところが、第二次世界大戦中、酒造の統制令が公布されると酒造りができなくなった。小さな酒蔵の酒造免許が返還や休業ということで使えなくなる統制であり、山本家の酒蔵は京都の蔵元に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]