/

静岡市のホテルセンチュリー静岡、新名称公募 採用で100万円贈呈

静岡市の「ホテルセンチュリー静岡」を運営するブリーズベイ静岡(静岡市、津田則忠社長)は、10月に変更するホテル名の公募を始めた。4月末まで受け付け、投票を経て6月末に決定する。採用されれば100万円の賞金が贈られる。

同ホテルの運営会社はもともと小田急電鉄が保有していたが、業績低迷を受けて3月末にホテル運営・再建のブリーズベイホテル(横浜市)が引き継いだ。これに伴ってホテルの名称の変更が必要になった。

ホームページの専用フォームなどから応募でき、1人当たりの応募数に制限は設けない。受付終了後5点を選び、5月から6月中旬にかけてホテル利用者を対象にした投票を行う。採用案に投票した人にはレストランで使える1000円分の金券をプレゼントする。

担当者は「これまで以上に親しみを持って利用してほしいという思いで始めた。どんどん応募してほしい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン