オープンハウス、プレサンスと資本業務提携

2020/4/6 17:46
保存
共有
印刷
その他

住宅大手のオープンハウスは6日、プレサンスコーポレーションと資本業務提携を結んだと発表した。オープンハウスがプレサンスコーポレーションの株の33%を取得する。取得額は約220億円とみられる。主に関西圏で投資用マンション開発分譲事業を展開しているプレサンスコーポレーションと、主に関東圏で戸建て分譲事業を展開しているオープンハウスは補完関係にあるとみて事業拡大を狙う。

プレサンスコーポレーションはオープンハウスの持ち分法適用関連会社となる。オープンハウスの2020年9月期とプレサンスコーポレーションの21年3月期の連結業績に与える影響は未定としている。

オープンハウスが5月上旬にプレサンスコーポレーションの筆頭株主である資産管理会社のパシフィック、第2位株主であるプレサンスコーポレーションの山岸忍前社長から取得する。山岸前社長は19年12月に業務上横領の容疑で逮捕され、辞任した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]