/

この記事は会員限定です

京大・本庶氏、新型コロナ対策で提言 検査拡大など3点

[有料会員限定]

京都大学の本庶佑特別教授は6日、日本経済新聞などの取材に応じ、国内外で流行が拡大する新型コロナウイルスによる感染症の対策についての提言をした。感染を調べる検査件数の大幅増、大都市圏での1カ月の外出自粛、一部の治療薬候補の早期投与といった3項目からなる。今後、本庶氏のホームページで掲載するなどして周知を図る。

新型コロナウイルスの感染の有無は「PCR」という検査法で調べる。日本は累計約4万5000人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り524文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン