6/3 6:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
6月3日 132.171 +0.078

[PR]

商品ニュース

コメ需給が緩和 3月DI、4年7カ月ぶり低水準

2020/4/6 17:09
保存
共有
印刷
その他

コメ需給の緩和観測が強まっている。米穀安定供給確保支援機構(東京・中央)が6日公表した3月分のコメの需給動向調査によると、現状判断DI(動向指数、100に近いほど逼迫)は34と2月分より8ポイント低かった。3カ月連続の低下で4年7カ月ぶりの低水準。新型コロナウイルスの感染拡大で、外食・中食向けの販売が細っている。

関東のコメ卸は「外食・中食など業務用の販売数量が落ち込んでいる。抱えた在庫をどう消化していくか工夫が必要だ」と話す。全国で小中高校が一斉休校したことに伴う給食向け需要の減少も響いたとみられる。

向こう3カ月の見通し判断DIは7ポイント低い30。3カ月連続の低下で、5年5カ月ぶりの低水準だった。外出自粛の要請で家庭用米を買い込む動きがあったが、需要の先食いだとの懸念は強い。

農林水産省が3月公表した2020年産米の作付け見通しで多くの都道府県が「前年並み」としたこともあり、「販売が良くない状況のなか、(米価の)暴落を懸念する意見もあった」(米穀機構)。米価水準に関する現状判断DIは2ポイント低下の65、向こう3カ月の見通し判断DIは5ポイント低い39だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム