4月の内定率34.7%、選考早期化で前年上回る

2020/4/6 16:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大手就職情報会社のディスコ(東京・文京)は6日、2021年春に卒業予定の学生の内定率が4月1日時点で34.7%だったと発表した。前年同月を8.3ポイント上回った。インターンシップ(就業体験)に参加した学生への早期選考が内定率を押し上げたようだ。ただ、新型コロナウイルス感染拡大の収束が見えない中、今後の内定率の行方は不透明だ。

調査は同社の就職情報サイトに登録する大学生と大学院生を対象に4月1~5…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]