/

米誌、「30歳未満人材」に横浜のスタートアップを選出

企業向けデータ統合サービスなどを手掛けるスタートアップ、プライムナンバー(横浜市)は6日、米誌フォーブスの「30アンダー30(30歳未満の重要人物)」に、共同創業者の山本健太最高執行責任者(COO)が選出されたと発表した。大量のデータ分析前の事前処理をクラウドで手掛け、省力化できるサービス「トロッコ」が評価されたという。

30アンダー30でアジア太平洋地域の2020年度の「エンタープライズテクノロジー」部門に選出された。プライムナンバーは15年創業。山本氏は「企業のデータ活用をテクノロジーで支援していきたい」とコメントした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン