/

緊急事態宣言で交通は?

(更新)

電車やバスなど交通はどうなるのか。

安倍晋三首相は「電車やバスの公共交通機関は運行される。道路を封鎖することもない」と明言する。鉄道各社への減便要請についても「考えていない」と述べている。

JR各社など鉄道会社は運行を維持する。高速道路も通行止めは計画していない。

航空機は運航が続くが、乗客が減っているため、すでに減便になっている。人の動きがさらに停滞すれば、一段と減らすことになりそうだ。

タクシーも営業を続けるが、利用客が少なくなっており、走っているタクシーは減っている。

特措法の20条と24条は、首相や知事が鉄道会社など「指定公共機関」と「総合調整」ができると定める。感染が拡大しても公共の交通機関が運行を続けるよう調整することを想定している。特措法には公共交通機関を止めたり、道路を封鎖したりする規定はない。

感染症法33条には交通の制限・遮断に関する規定がある。感染者がいた場所の周辺で交通を最長72時間、制限・遮断できる権限を知事に与えている。あくまで消毒作業を想定している。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン