/

この記事は会員限定です

海のプラごみ、すべてなくす この1世紀が分かれ道

オーシャン・クリーンアップ創設者 ボイヤン・スラット

[有料会員限定]

米カリフォルニア州とハワイの間にごみが自然と集まる海域がある。1兆8000億点のプラスチックごみがあると推定され、重さは8万トンに達する。この「太平洋ごみベルト」に2019年10月、小さな船が現れた。約600メートルの細長いU字形の装置を使い多くのプラごみを次々に回収した。

同事業はオランダ・ロッテルダムに本拠を置く非政府組織(NGO)、オーシャン・クリーンアップが手掛ける。創設者で最高経営責任者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Game Changer

斬新な発想で地球規模の問題解決やビジネス創造に挑むリーダーらを取り上げます。1980年代以降に生まれたミレニアル世代、それに続くZ世代の旗手を国内外で取材。社会に変革を起こす挑戦者たちの世界観に迫ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン