宮城知事「外出自粛要請、人出減った」

2020/4/6 14:02
保存
共有
印刷
その他

宮城県の村井嘉浩知事は6日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出の自粛要請について「休業した店舗もあり、多くの人が自粛をしてくれた」と週末を振り返った。商業施設などの補償については「国と力を合わせ、事業が継続できるようにする」と訴え、具体策を今後詰める。

村井知事は景況感について「現在はどん底」と表現した(6日、県庁)

村井知事は3日、仙台市の郡和子市長とともに県民に対して今後1~2週間の不要不急な外出の自粛を要請した。村井知事は「効果や影響はこれから検証しないといけない」とした上で「少なくともクラスター(感染者集団)が発生することは抑えられたのでは」と強調した。

県内経済への影響や景況感については「現在はどん底。全く先が見通せず、不安だけが先走っている」と危惧した。一方「(外出の自粛要請は)土日のたびにすることになると思う」と見通しを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]