IT、保育所… 値崩れIPO銘柄は宝の山
苦瓜達郎 三井住友DSアセットマネジメント シニア・ファンドマネージャー

プロのポートフォリオ
コラム
2020/4/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの流行によって株式市場は大荒れの状況となっていますが、特に大きな影響を受けているのがIPO(株式新規公開市場)です。買い手の数が限られるなか、上場後早々に株価が公開価格を大幅に下回る企業が続出しています。しかし、こういった状況は長期投資家にとっては買いのチャンスであると思います。

昨年11月にIPO市場が供給過剰によって危険な状況に差し掛かっていると指摘しました。昨年いっぱいは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]