/

この記事は会員限定です

IT、保育所… 値崩れIPO銘柄は宝の山

苦瓜達郎 三井住友DSアセットマネジメント シニア・ファンドマネージャー

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの流行によって株式市場は大荒れの状況となっていますが、特に大きな影響を受けているのがIPO(株式新規公開市場)です。買い手の数が限られるなか、上場後早々に株価が公開価格を大幅に下回る企業が続出しています。しかし、こういった状況は長期投資家にとっては買いのチャンスであると思います。

昨年11月にIPO市場が供給過剰によって危険な状況に差し掛かっていると指摘しました。昨年いっぱいは株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1666文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

「プロの羅針盤」では、株式投資に大切な銘柄選びや、為替、債券を含めた相場の見方について解説。 企業価値の測り方やリスク回避などを、運用に精通したプロが独自の視点で個人投資家に向けてお伝えします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン