コマツ、林業機械を量産 ブラジル工場で、安定需要狙う

2020/4/6 11:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コマツは林業機械事業を拡大する。このほどブラジルで植林に使う林業機械の量産体制を整え、試験的に販売を始めた。パルプ用の植林事業が盛んで機械化のニーズが高まっていると判断した。建設機械や鉱山機械の足元の需要が低迷しているため、安定的な需要が見込める林業向けを伸ばしたい考えだ。

油圧ショベルやブルドーザーなどを生産するコマツブラジル(サンパウロ)の工場で、植林向けの林業機械の量産体制を整えた。これま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]