/

この記事は会員限定です

コマツ、林業機械を量産 ブラジル工場で、安定需要狙う

[有料会員限定]

コマツは林業機械事業を拡大する。このほどブラジルで植林に使う林業機械の量産体制を整え、試験的に販売を始めた。パルプ用の植林事業が盛んで機械化のニーズが高まっていると判断した。建設機械や鉱山機械の足元の需要が低迷しているため、安定的な需要が見込める林業向けを伸ばしたい考えだ。

油圧ショベルやブルドーザーなどを生産するコマツブラジル(サンパウロ)の工場で、植林向けの林業機械の量産体制を整えた。これまで現地で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り347文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン