/

米アップル、顔覆う医療用防具供給 1週間に100万個

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は5日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、顔全体を覆うことで保護する医療用防具の供給に乗り出すことを明らかにした。医療用品の不足が懸念されるなか医療機関などに役立ててもらう。同社がマスクを2000万枚以上用意したことも明らかにした。

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)=ロイター

クックCEOがツイッターにメッセージと動画を投稿して明らかにした。供給に乗り出した医療用防具はフェースシールドと呼ばれ、医療従事者が顔全体を透明のシールドで覆い防護する。クックCEOによると開発と生産には同社の各部門や部品供給メーカーなどが協力して手掛け、簡単に装着や調整ができる。

すでに米カリフォルニア州にある医療機関に供給し、現場の医師からの評価は高いという。今後は1週間で100万個規模を供給できる体制を整える。

自動車メーカーや航空会社がフェースシールドの生産や供給に乗り出すなど、医療機器メーカー以外が支援に乗り出す動きが広がっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン