大阪拘置所刑務官が感染 矯正施設で初、接触者隔離

2020/4/5 18:14
保存
共有
印刷
その他

法務省は5日、大阪拘置所(大阪市)の40代の男性刑務官が新型コロナウイルスに感染したと発表した。職員は兵庫県在住。濃厚接触者の特定を急ぎ、隔離などの措置を取る。刑務所や拘置所といった矯正施設関係者の感染は初めて。

拘置所は裁判中の被告だけでなく刑が確定した受刑者も収容しており、この刑務官は4人の受刑者を受け持ち、作業や生活の指導をしていた。4人に5日時点で症状はない。それぞれ単独室で健康観察をする。濃厚接触した同僚は自宅待機とし、施設を消毒する方針。

大阪拘置所によると、このほかに職員1人がPCR検査の結果待ちで、1人が疑わしい症状があるとして自宅待機している。約1100人の収容者には、目立った症状はない。

刑務官は2日、発熱や倦怠(けんたい)感の症状があり医療機関を受診。5日、陽性と判明した。1日まで勤務し、2日以降は出勤していない。公共交通機関を使って通勤していた。

大阪拘置所の職員数は約540人。この刑務官を含めマスクを着用して業務をしていた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]