/

この記事は会員限定です

対面型フリーランス苦境 需要蒸発、補償は使いにくく

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が、フリーランスや副業の働き方に影響を与えている。苦しい状況に置かれるのが、面会が必要な通訳ガイドやインストラクターらだ。政府が打ち出した休業補償もフリーランスらには使い勝手が悪い。一方で在宅勤務や休業で空いた時間を活用し、オンラインで新たな収入源を確保する人も増える。新しい働き方が定着する過渡期で明暗が分かれている。

4100円支給、「事実上利用できず」

「昨年の3月は仕事が21日間あったが、今年はゼロ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン