/

100人超え、不安 目立つ休業、夜の街閑散

東京都で新型コロナウイルスの感染確認が1日としては初めて100人を超えた。小池百合子知事が利用自粛を求めたバーやカラオケ店などを抱える夜の繁華街は4日、閑散とし、感染拡大が止まらない状況に不安が広がった。

日本有数の繁華街、新宿・歌舞伎町は普段より人通りが少なく、カラオケ店やパチンコ店の多くが臨時休業していた。

居酒屋の男性店員(34)は店先に立ち、人の流れを心配そうに見ていた。「客は約7割減っているが、売り上げを少しでも確保するために店を開けるしかない」。都内で新たに118人の感染が出たことに「さらなる自粛につながると、ダメージは計り知れない」と声を落とした。

広場で缶酎ハイを飲んでいた東京都武蔵村山市の男性会社員(35)は、スマートフォンのニュースで100人超えを知り、驚いたという。仕事から帰宅する途中といい「こまめに消毒して感染しないように気を付けるしかない。次の電車で早く帰ります」と語った。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン