/

北海道の佐藤教育長が急死、緊急事態下で教育行政を指揮

体調不良を訴えて救急搬送されていた

北海道は4日、道教育委員会の佐藤嘉大教育長(62)が同日未明に死去したと発表した。体調不良を訴え、札幌市内の病院に救急搬送されていた。死因は非公表。通夜、告別式は近親者のみで執り行う。

佐藤氏は清水町出身。1978年に入庁し、総務部危機管理監や総合政策部長を歴任。道庁を退職した2018年に現職に就いた。新型コロナウイルス対策では2月末に北海道が緊急事態を宣言し、教育行政のトップとして一斉休校や分散登校を陣頭指揮していた。

佐藤氏は3日に道庁で開いた新型コロナ関連の幹部会議にも出席していた。6日以降の学校再開をめぐり札幌圏の高校を対象にする時差通学や部活動について発言したばかりだった。

鈴木直道知事は4日夕に「佐藤教育長の無念さを思うと痛恨の極みであり、言葉もありません」とのコメントを発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン