/

女性巡査が新型コロナ感染 警視庁

警視庁は4日、赤坂署刑事課に勤務する女性巡査(23)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同庁警察官の感染確認は2人目。感染経路は現時点では不明という。

警視庁によると、巡査は赤坂署捜査本部で捜査を担当。警視庁は捜査本部の捜査員や同署の署員など約70人を自宅待機とする方針で、同署管内の巡回などに支障の出ないよう警視庁本部などから同署に100人以上の警察官を派遣し、勤務に当たらせるという。

巡査は3月31日の出勤中に喉の痛みや発熱の症状が出て早退した。後にPCR検査を受け、4月4日に陽性と判明。症状が出た後は自宅や実家で療養していたという。

同庁ではこれまでに鮫洲運転免許試験場(東京・品川)に勤務する管理職の男性警視の感染が確認されていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン