/

医療用マスク、コロナウイルス拡散防止効果 香港大など

香港大学などの研究チームは4日までに、通常のかぜの原因となるコロナウイルスに感染した患者が医療用の「サージカルマスク」をすると、ウイルスがマスクの外に広がるのを抑えられるとする実験結果を発表した。新型コロナウイルスについても同様の効果があるとみられる。マスクをすれば感染拡大を抑えられる可能性がある。成果は米科学誌ネイチャーメディシン(電子版)に掲載された。

研究チームは患者の呼気を特殊な装置で集め、5マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルより大きい飛沫に含まれるコロナウイルスを分析した。マスクをしていない患者10人のうち3人からウイルスが検出されたが、マスクをした11人からは検出されなかった。

5マイクロメートル以下の小さな飛沫についても同様に分析した。マスクをしていない患者10人のうち4人からウイルスが検出されたが、マスクをした11人からは検出されなかった。

この他インフルエンザについても、患者がマスクをした場合はウイルスが検出される割合が減った。

研究チームは、ウイルスに感染した人がサージカルマスクをすれば、更なる感染拡大を抑えられる可能性があるとしている。

マスクの効果を調べたこれまでの研究は、ウイルスを含む飛沫を模した粒子で実験したものが多く、実際の患者の飛沫にも同様の効果があるか詳しく分かっていなかった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン