「女性アスリートの選択肢広げる」大神雄子氏
バスケットボール女子日本代表元主将

GO2030
2020/4/25 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長く女子バスケットボール界をけん引し、米プロWNBAでもプレーした大神雄子さん(37)。指導者を目指すかたわら、日本人初の国際バスケットボール連盟(FIBA)の選手委員にも就任。女子選手の選択肢を広げたいと考えています。

 大神雄子氏(おおが・ゆうこ) 1982年生まれ。桜花学園高からJOMO(現JX-ENEOS)に入団。攻撃的なガードとして活躍し、18年に現役を引退した。

――2030年の日本の姿

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]