パソコン触れず操作「接触感染を防止」 大阪企業開発

2020/4/4 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)を開発するスタートアップ、知能技術(大阪市、大津良司社長)はマウスや画面を触らずにパソコンを操作できるシステムを開発した。指を画面にかざすとAIとカメラがその動きを読み取り、マウスを操るようにポインターを動かせる。駅の券売機や銀行のATMなどに応用されれば、ウイルスなどの接触感染の防止につながるとしている。

操作速度はマウスと同程度で、画面上のボタンのクリックもできるという。カメ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日経クロストレンド