マンハッタンの住宅価格11%下落 1~3月、コロナ禍で

2020/4/4 5:36 (2020/4/4 6:29更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=伴百江】新型コロナウイルス感染拡大による経済停滞が、ニューヨークの住宅不動産市況にも表れ始めた。大手不動産会社ダグラス・エリマンの調べによると、マンハッタンの住宅販売価格の平均は1~3月期に188万ドル(約2億円)と前年同期比10.9%下落した。コロナ感染拡大による景気の悪化で売買が低迷したのに加え、外出自粛により住宅物件を見に行くことが難しくなったことなどが背景にある。

住宅価…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]